予防接種したくないんです

かかりつけが 見つからない

ここだ という小児科を探し中

予防接種を あさひに打ちたくない

BCGは 色々 調べてうったほうが良いかな と考えたので うってもらったけど。

それ以外は うちたくないのに


やはり 薦められてしまう 半端なく薦められるし


「うたない選択肢はありませんから」と言われたんだけど、法律で決まっているんでしょうか?


この病院にはもういかないと決めた


あさひが蕁麻疹になった。

アレルギー科がある小児科に行ってみた。

とても感じの良い 居心地のよい病院だったけど

二回目で ワクチンの予約を~と言われた

看護師さんに 

「ワクチンは打ちたくないです」って伝えたのに

そうなんですね~ でも予防接種はうつようになってますから~

月曜に予約入れますね~って

聞いていましたか?

私は うちたくないといったんですけど・・・。

無理のやりに 予約いれられた


他に患者さんもいるし あーだこーだ言ってたら 迷惑だなと思い

ものすごく納得しない顔をしてました。

何度か 「うちたくないんです~」って伝えたけど 

無理だった。



予防接種を うつ うたない は自由なんじゃないんですか??

私は 病気がうつる よりも

予防接種を この子に打たせて そのせいで 身体に異変が起こる方が イヤなんです。


予防接種予診票手帳 というものを 子供が産まれたらもらいます

この中に小さい冊子で病気の事 ワクチンの事 副反応の事が書いてあります

これを読んで 理解した上で 同意した時に限り接種が行われます。

って書いてありますが


意味ある???

同意してません うちたくないのです。


自分の子供の事なんで 私に決めさせて下さい。


私の思いを 伝えても 聞いちゃくれないんだ さぁ なんて断ろうか 良い案を考えなければ。


お医者さん 色んな人に知ってほしい


みんなが みんな 同じ考えではないのです
スポンサーサイト

ホ・オポノポノ

ホ・オポノポノってご存知ですか?

私も つい先日 お友達が教えてくれたことです。本を借りました。


今思えば パパがお仕事で悩んでいたからかな~って思います




ごめんなさい

ゆるしてください

愛しています

ありがとう




この四つの言葉を唱え続ける


声に出す必要もない   心を込めなくてもよい


ただ 唱え続けてみる   




自分を癒し    人をも癒す



人が問題を起こした時   その人自身が解決をする 当人の問題だ


しかし


自分の目の前にある問題は すべて 自分の記憶が 創り出したもの





自分の記憶を クリーニングし 消えない限りは その現実を 消すこともできない


オポノポノはそういう考えみたいです





これによって 沢山の人が 不思議と 問題を解決



子供のアレルギーが治ったり


ヒステリックなお母さんが普通になったり




自分の心をクリーニングする


こんな事考えたこともなかったな~


ただただ 悪い人は 悪いんだ


その人の気持ちを かえることなんてできないのだろう とか



決めつけてしまっていたな と気づかされました





自分を癒して 人も癒すことが出来るなんて



ものすごいことだな



ちょっと 唱えてみようかな 






あまり 上手く説明できなくって  伝わらないですよね~


気になった方は  調べてみてみて~  

ここで遊んでて~って!! いいの?

先日行った スーパー


キッズスペースは隣り合わせで 2か所


一つのキッズスペースにて ぐるぐる ぴょんぴょん 走り回っている 兄妹達



そのスペース内には 赤ちゃんと お父さん


赤ちゃんが居るのに かなり 走り回っていたから


同じ親子だと思ってた。



ちひろ は 走りまわってる子達を見て   大興奮!!


その子達の 所へ付きまとっていく~(^O^)


その子たちは ちひろが行くと 走りを止めて  もう一つの キッズスペースに行っちゃう~


ちひろは 追いかける 追いかける!  

兄妹は場所をかえる! の繰り返し(^O^)



ちひろは  どうも 走りまわってる子を見たら 


うずうずうずうず  しちゃうらしい (^◇^)


きゃ~きゃ~!!言って 追いかけてました!


そのうち  妹ちゃんは  ちひろが来ると


また!?とか  あ~あ~!!



ちひろちゃん 迷惑かけてますよ~!



そういえば 父親は 何も感心なさそうだな~・・・




そうしたら  


ほら! 走り回ったらいかんよ!って   あっちから  母親がやってきたぞい!!




子供たちは「は~い」とは言ったけど


とても楽しそうだもの  止めないでしょう~(^O^)


また 母親は あっちへ 消えていく・・・






ちひろは 自分の遊びもしつつ・・・ 気になったら  また行く!



そうしたら  ちょっとあきらめてくれたのか・・・


ちひろの 様子をちょっと見てくれてた~


段になってるところから  兄妹が  ぴょ~んって跳んでたので


ちひろも真似して(片足づつしかできませんが)ぴょ~ん!!


ころんと転げたら



二人とも


大丈夫?   


と言ってくれたり



あぶないよ~ と言ってくれたり・・。



めちゃ いい子達じゃ~ん!!




その子たちのお母さんは  


しば~らく  買い物してたよ!


注意すれば それでいいの?  子供たちが気にならないの?

怪我したらどうするの?   赤ちゃんにぶつかったりしたらどうするの? 謝れないよね?



さらわれたら どうするの?  私もちひろ 見てるんだから  追いかけて行けないよ?







結構 危険だな~ 激しいな~ と思う子供たちが  よく 子供たちだけで  



キッズスペースに居たりする・・・


私も相手をしたりもするけど  限度があるし



ここで遊んでて  と言ってる 母親

だいたい いっつもいるけど  


怖くないのかな????


直ぐ近くって言っても   

その場所からは もう 子供の姿  見えてないよね?

子供って  直ぐ  居なくなっちゃうよ?  いいの??



小心者だから 言えないけど・・・・



置いていく  母親に   この子に何かあった時の連絡先教えてください!!


って言ってみたい・・・。


砂糖は 麻薬だ~!!

砂糖 甘いものは 良くない! 

何に? 初めに思い浮かぶのは

「虫歯になる」「太る」くらいですかね?

私も 以前は その程度でした。


でも 色々調べていくうちに  いろ~んな害があることが 発覚!!






私的に わかりやすいな~と 思ったサイトで書いてあったものを 簡潔にしてみました↓



ご飯にも甘みはありますが 『砂糖』とは 別物です。
 



砂糖の摂取によって血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げようとして大量のインシュリンが放出され、


血糖の急激な増減があっと言う間に起こります。



それに対して『ご飯』では、急激な血糖値の増減がなく、少しずつインンシュリンが放出され、

ゆっくりともとのレベルに落ち着いていきます。



砂糖の過剰摂取が、糖尿病の原因になり得ることは事実です。


空腹時の摂取は、より急速な血糖値の上昇を引き起こします。


成長期の子供には特に注意が必要です。

 

砂糖と脳:砂糖がきれる子供をつくる

 インシュリンの放出が行われた後、血糖値が正常な状態で落ち着く場合はまだいいのですが、

インシュリンの量が多すぎる場合には、正常値よりもずっと低い血糖値になってしまう場合があります


1)脳はエネルギーを血糖にすべて依存しているため、正常に機能できなくなります。

  いらいらや神経過敏、無気力、めまい、頭痛、眠気などの症状が現れます。



2)血糖値を上昇させようとしてアドレナリンが放出されます。アドレナリンは血糖値を上昇させる以外にも

 多くの生理作用を示しますが、「攻撃ホルモン」と呼ばれることがあるように、

かっとする時に放出さるホルモンです。さらにアドレナリンが分解されて出てくるアドレナクロムは、

 麻薬成分に含まれる物質ですので多量に存在すると正常な判断力を失う危険性があります。



 俗にいう 『キレる子』 他にも沢山 原因はあると思いますが。


 砂糖も 一つの原因になってるのは わかっているみたいです。


 たま~に お菓子を 作るのですが・・・ 砂糖の量が  はんぱねぇ!! と思います。


 ちょこ~っと だけ入れて作ってみます。  でも全然大丈夫! おいしいな~と思えるくらいでした。



甘いもの・・・・  私も大好きで  ちょこちょこ食べます・・(>_<)


それも やっぱり 砂糖の麻薬のせい?  甘いものを欲してしまう!!



甘いものが  盛りだくさん!! のこの世の中  避けて通るのは 大変だけど


子供達だけでも   とりこに  させたくないな~ と 

 

考える・・・。



子供の食

図書館で 子供の食事についての 本を よく借りて読んでいますが。

借りてきて 気づく・・・


また おんなじ人が 書いた本や~ん


続いて続いて 5冊目 でした!

著者 は 見ずに  パラパラっと中身だけ 見て借りてきて

いつも 同じで ビックリ!!します。



管理栄養士の 幕内秀夫 さん の本


以前も借りた本

幕内さんの本



ちひろ あんまり 色々食べないな~ と困っていたけど。

幕内さんの本には



ご飯 おイモ お漬物 納豆 お味噌汁 など を食べていればよい~  と書いてあって

ものすごく ほっ とします。

それなら 食べてる~と。


主婦の方に 

「子供が野菜を食べないので 困っています」 とよく相談されるそうです

そうすると

「何がどう困っているのですか? ?お子さんはヤギじゃないので いいんです」と返されるそうです


困っていることを 聞けば  お母さんが作ったものを食べないことが 気に入らない ということが わかるそうです。




そして 大人は目で見て 食事をしますが

子供は本能で食事をします。


子供は 身体のエネルギーになる ご飯 イモ など 必要な物を 食べようとしているそうです。



実際 今日  あまったホットケーキ  加熱して食べよう ということで


紫イモ と バター を 混ぜて ホットケーキと一緒に フライパンで 絡めてみたら・・

紫イモ!に

ホットケーキはイモと反応して 緑に!!という


とっても 恐ろしい 食べ物に なっていました! (写真とっておけばよかった)


パパはこれが テーブルに置いてあって 一人でいる時だったら

危険そうだから 食べない! と言っていました。


食べてみれば 特に 問題がない事はわかりますが・・・・。


ちひろは  「おいし おいし♪」と ばっくばく 食べていたのを見て。


やはり!! 目で見て 食べてないな!!(*_*) と実感


まだまだ 書きたいこと 満載ですが また今度に~。



あっ パパ また 履歴書 戻ってきましたの(>_<)


ほんの 数分 落ち込んでいました。



しかし 立ち直りは 早いので 我が家が沈まず 助かります。



ご縁を待ちましょう \(^o^)/




↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。